まつ毛育毛剤で悩みを克服する

まつ毛貧毛症に注意!

まつ毛は、目元の印象を決める重要なポイントです。そのため、多くの女性はつけまつ毛やエクステを使います。

しかし、そうした努力が、まつ毛そのものを損ねてしまう可能性もあるのです。

まつ毛貧毛症になると、まつ毛の量が少なくなったり、短くなったりします。このような症状は、つけまつ毛やエクステ、ビューラーなどを適切に使わないことで、まつ毛に負担をかけてしまうことが大きな原因の一つです。加齢や皮膚疾患、医薬品の副作用が原因になることもあります。

まつ毛の量や長さに不安を感じたら、医療機関に相談してみるとよいでしょう。

病院ではまつ毛貧毛症に対して様々な処置が受けられます。

例えば、食事や睡眠などの生活習慣、正しいケアの仕方などを指導してもらうことで、予防策をとれます。

すでにまつ毛貧毛症になっていた場合は、まつ毛育毛剤が処方されます。発毛可能な毛包が残っていれば、育毛剤でまつ毛のボリュームを回復できるのです。

まつ毛のケア用品は様々な種類がある

目元の印象を決めるまつ毛を増やすために、まつ毛育毛剤が注目されています。

まつ毛育毛剤は、まつ毛貧毛症の治療に使われる医薬品から、市販の医薬部外品、化粧品など、様々な形で販売されています。

一般的に、医薬品が最も効果を実感しやすいです。しかし、医薬品のまつ毛育毛剤を入手するには医療機関で処方を受ける必要があります。

医薬部外品として販売されているものであれば、ネット通販でも取り扱われおり、簡単に手に入ります。効果や効能にも一定の基準が設けられているため、医薬品ほどでないにせよ、効果を得られるでしょう。

まつ毛美容液などはコスメティックブランド販売されており、傷んだまつ毛をケアする効果があります。医薬品や医薬部外品ほどハッキリした効果はありませんが、まつ毛のボリュームを増やすのに役立つでしょう。

まつ毛育毛剤は様々な種類がある

まつ毛育毛剤には、化粧品から医薬品など、様々な種類があります。

医薬品は医療機関で処方してもらえます。育毛効果のある有効成分が認められています。医薬品を入手するには、医師の処方せんが必要です。美容外科や美容皮膚科などで処方してもらえます。個人輸入でも入手できますが、これは自己責任で行わなければなりません。

まつ毛育毛剤は、医薬部外品としても販売されています。含有成分には、まつ毛を伸ばしたり、増やしたりする効能があることが、メーカーの調査で実証されています。医薬品ほど強い効果はありませんが。ドラッグストアなどで手軽に買えるのがメリットです。

化粧品タイプのものは、まつ毛美容液として販売されています。まつ毛を増やすというより、現在生えているまつ毛に栄養分などを与えて、丈夫で健康なものに育ててケアをしていくものです。

トリートメント効果を持つ製品もあります。まつ毛の寿命を伸ばし、栄養を行き渡らせることで、まつ毛のボリュームアップに繋がります。

まつ毛育毛剤にはこんな製品がある

実際に販売されているまつ毛育毛剤について紹介します。

「グラッシュビスタ」はまつ毛貧毛症の治療に使われる医薬品です。まつ毛貧毛症の治療薬として日本で唯一、製造販売承認を取得しており、安全に使用できます。ただし、妊娠中の女性は安全性が確立されていませんので、妊娠する予定のある方、現在、妊娠中の方は使用できません。

「ルミガン」はもともと緑内障の治療薬でしたが、副作用としてまつ毛を増やし、伸ばしていく効果もあることがわかりました。それ以降、まつ毛育毛剤としても使われています。医薬品なので、美容整形外科などの医療機関の処方を受けることで入手できます。またルミガンは通販(個人輸入)を利用して購入することができます。

「ケアプロスト」は日本で認可されていないまつ毛育毛剤です。美容外科で販売されていることもありますが、個人輸入を利用するのが一般的です。ケアプロストはルミガンのジェネリック製品です。有効成分の開発費がかかっていない分、同じ効果でより安く入手できます。

「スカルプDボーテまつげ育毛剤」は日本の国内メーカーから販売されている化粧品です。ドラッグストアで販売されているので、医薬品よりも購入しやすいのが特徴です。8つの育毛成分が配合されており、まつ毛をケアしながら育てていけるでしょう。